LOVE&LIFE

好きなものを好きなだけ楽しむ日々

第40回日本アカデミー賞

2017.3.3(金)

第40回日本アカデミー賞授賞式に参加してきました。

f:id:jun1msm1118:20170305110731j:image

 

岡田くんが2年前に最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞を獲った時も、去年プレゼンターとして授賞式に出席していた時も、テレビの前から見守る形でした。

3年目にして念願の授賞式参加出来ました。

 

海賊とよばれた男」での受賞。

f:id:jun1msm1118:20170305111119j:image

 

自担としてのフィルターはあるかもしれないけれど、本当にこの作品でも岡田くんの演技は圧巻だった。

再びこの日本アカデミー賞授賞式のステージに立つ姿が見れると思うと、式前から胸がいっぱいでした。

 

会場に入り、このレッドカーペットを岡田くんが歩くんだな、と考えたら緊張感が半端ない…。

f:id:jun1msm1118:20170305115254j:image

f:id:jun1msm1118:20170305111738j:image

 

そして授賞式が始まりました。

 

受賞者の方々が続々登場する姿を近くで見ることが出来ました。

俳優陣はみんなかっこいいし、女優陣は本当に綺麗でその光景は圧巻でした。

(宮崎あおいさんと宮沢りえさんが隣同士で登場する姿には勝手にざわついていました←)

 

新人賞の受賞者が登場した時にはがんちゃんのかっこよさと、千葉くんの可愛さにやられていました(笑)

 

優秀主演男優賞受賞者として岡田くんが登場した瞬間緊張と感動で泣きそうになりました。

綾野剛くんとにこやかにレッドカーペットを歩く姿を見て、あぁ2年前よりも余裕が出てきたんだな、と感慨深いものがありました。

 

 プレゼンターとしてニノもレッドカーペットを歩く姿が見れて、堂々と歩く姿にさすがニノだなと思ったり。

 

最優秀助演男優賞を受賞された妻夫木くんのスピーチでの「何も取り柄のなかった自分が」という言葉には、2年前に岡田くんが「最初自分は本当に何も出来なかった」と話していた姿と重なりました。

妻夫木くんのスピーチを聴く綾野剛くんの姿も印象的で、2人のハグはとても素敵な光景でした。

妻夫木くんは受賞後本当すぐに舞台のために会場を出られていました。

 

 

新人賞のプレゼンターとしてニノが登場して、

自分も新人賞欲しかった、という言葉には色々な想い詰まっている気がしました。

あまりそういうことは口にしないタイプだと思っていたから、本音なんだろうなとも思うし、その気持ちを抱かせたのは他でもない岡田くんの存在なのではないかな、と。

 

最優秀主演男優賞発表前に一度お手洗いに向かうと、たまたま新人賞を受賞された真剣佑くんがいたのでとてもびっくり(笑)

関係者?の方達に挨拶をしていました。

とても凛々しい顔立ちで好青年だな、という印象を受けました。

 

 

そして最優秀主演男優賞の発表。

岡田くんがステージに上がって話す姿をやっと生で拝めた…、と緊張感MAX。

当の本人はステージ上でも綾野剛くんとにこやかに話していて、その姿を見たらこっちも少し緊張が和らいだ気がしました。

作品映像が流れる間も佐藤浩市さんや綾野剛くんと声掛け合ったりしていて、とても貫禄のある出で立ちでした。

 

岡田くんとニノの掛け合いにはほっこりとしつつ、ニノの耳が真っ赤になっていて2人の関係性を垣間見れた気がして嬉しかった。

この良い関係性をこれからも続けていって欲しいなと思いました。

 

結果は最優秀主演男優賞佐藤浩市さんが受賞されましたが、岡田くんも再びこの景色を見せてくれたことにファンとしては感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

正直、今年はないだろうと思っていました。

それでも本人は作品のためにも獲りたかっただろうなと思ったり。

色々な想いはあるけれど、やはり連続で受賞出来るほど甘いものではないんだなと再認識しました。

 

岡田くんは未だに自分のことを認めてはいなくて、再び日本アカデミー賞のステージに立てた時には自分のことを認めてあげたいと以前話していました。

でもきっとそれは最優秀主演男優賞もしくは最優秀助演男優賞を再び受賞した時だと思うから、彼はまだまだ自分に厳しく上を目指していくのだろうなと思いました。

 

そしてその岡田くんの姿がニノや他の後輩たちの指針となって、今までのジャニーズとしての概念を壊していってくれることを願っています。

 

ジャニーズは他の人たちよりも何倍も努力しなければ認めて貰えない、それを有言実行していく岡田くんには本当尊敬するし、これからもついていきたいなと改めて感じました。

 

それでもグループに戻った時には他のメンバーに甘えて、頼って、そんな岡田准一のままでいて欲しいなと思います。

 

岡田くん、日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞おめでとうございます。  

 

2016年ありがとう♡

さて、ついに今年ももう少しで終わり。

毎年恒例の振り返りやります!

(現場が多いもので抜かすものもありますが)

 

 

1/3 滝翼コン

今年のジャニ事始めは久しぶりの滝翼コン!

滝翼コンのアットホームな雰囲気

とても落ち着くなと(´ω`)

楽しかったし、また行きたい!

 

2/4、3/12

「エヴェレスト」

完成披露試写会、初日舞台挨拶

壮大なスケールの映画に挑む岡田くん。

本当にかっこよかった。

舞台挨拶では阿部さんとの絡みが可愛かったな!

 

4/3、4/30、5/1

KAT-TUN 「10ks」

私の中での転機を迎えたこの一年。

完全にKAT-TUN に、上田竜也にやられました。

当初名古屋だけの予定があれよあれよと

増えた東京2公演。

ここからの私は完全にKAT-TUN担としての

生活に変わりました。

色々と心境の変化があった中での

このKAT-TUNの存在が大きかった。

充電期間を友達みんなと一緒に乗り越える!

またみんなで笑顔で再会するんだ♡

 

5/7 滝沢歌舞伎

こちらも久しぶりに観に行けた!

今年は健ちゃんが出るということもあり、

絶対に行きたいと思っていて。

結果、最高の舞台だった!

健ちゃんの怪我に心配したけども、

それを感じさせないプロ根性、流石でした。

ケンタッキーの絡みに癒された!

 

 

6/26  嵐のワクワク学校

アリーナツアー落選からのワク学。

会場の雰囲気がもう若いwww

今となっては元二宮担のお友達と

まったりと参加(´ω`)

 

7/30 関ジャニ∞リサイタル

幕張でのリサイタルを自名義で当てて、参加!

1秒KISSを聴けてテンションがあがり、

亮ちゃんがSUMMER TIMEを踊りながら

歌う姿を見て歓喜し。

なんとなく意識してSMAPの曲多めの内容

にしてるのかなー、なんて思ったり。

楽しいリサイタルでした!

 

8/6 「秘密」初日舞台挨拶

生田斗真岡田将生松坂桃李

この3人を拝めるなんてこと早々ないよね…。

かっこよかったし、将生は可愛いしで

舞台挨拶行けて良かったー!

 

8/8、9 山下智久「FUTURE FANTASY」

急遽神戸公演のチケットを調達し、参加。

SBSGぶりのやまぴーだった訳だけど、

1人で頑張ってるんだな、と感慨深かった。

事務所に入って20年、

ソロデビューしてから10年

この節目の年のツアーに参加出来て良かった!

 

9/4  Vamp Bamboo Burn

念願の新感線舞台観劇。

斗真の歌う場がこれからもっと増えていけば

いいのになー、と。

神ちゃんも出番は少なくとも存在感抜群!

さすがクドカンな、楽しい舞台でした!

 

9/25 陸上大会(長居スタジアム)

上田ジャニーズ陸上部の勇姿を見届けるため

始発で大阪へ!

長時間の参加だったけどあっという間で、

弾丸だったけど行って良かった。

上田監督かっこいいし、可愛いしでつらい←

ここで一緒に参加したみんなとの出会いは

大切にしたいなと思う♡

上田くんのことで一緒に盛り上がれる

仲間が出来て嬉しかった!

 

11/5 炎の体育会TV番協

上田ジャニーズ陸上部の応援での参加。

とにかく寒かったー…。

ずっと立ちっぱなしだし辛かったけど、

Jr.達の頑張りを間近で見て、

著しい成長を目の当たりにして、

これからも上田監督の想いを感じながら

頑張って欲しいなと思った。

Jr.達を見守る上田監督の姿と、

Jr.達を想って放つ言葉に胸打たれました。

 

11/19、12/18 嵐「Are you Happy?」

東京、名古屋と各一公演に参加。

とても懐かしさを感じる構成と、

メンバーの楽しそうな姿が印象的でした。

今のこのタイミングでこの内容のツアーに参加

出来て良かったな、と思う。

自分の中でけじめつけられた気がしました。

翔くんありがとう!楽しかった!

 

12/3、4 山下智久「FUTURE FANTASY」

追加の代々木体育館での公演に参加。

アリーナツアーとは少し違った構成で、

やまぴーが楽しそうに嬉しそうに客席を

見つめている姿を見て、彼の中でも何か一皮

向けた感じがしたなー。

彼にはキラキラした姿が似合う!

 

12/10 「海賊とよばれた男」初日舞台挨拶

お友達のお陰でなんとか参加できました!

作品ごとに違った一面を見せる岡田くん。

彼を好きになって良かった。

キャスト陣との雰囲気の良さは、

岡田くんの人望の厚さの賜物かと。

 

12/17 「関ジャニ'sエンターテイメント」

東京公演は1回のみの参加でした。

亮ちゃんのビジュアルの良さがやばい!

ユニット曲がどれも良くて、

バンドではTokyo holicが最高でした!

縁あってオーラスにも参加が決まったので、

初のエイトコンオーラスこれから楽しみ!

 

と、まぁ抜粋してもこれだけの現場に

足を運んだ2016年でした。

 

V6の現場に縁がなく、それが残念だったなー。

来年はツアー期待しています!!

 

今年はとても自分の中で大きな変化のあった

一年でありました。

 

嵐と関ジャニ∞に関しては

嫌いになった訳じゃないし、今でも好き。

ただ、それよりも大きな存在が出来た。

 

KAT-TUNの充電期間は寂しいけど、

私にとっては充電期間があったからこそ、

これから先ついていきたいと思わせてくれた

良いきっかけになりました。

この充電期間は無駄にはならないと、

今のメンバーを見ていても確信しています。

来年の個人の活動楽しみにしています!!!

 

来年、私個人としては仕事の都合で

家を出ることになると思うので、

また新たなターニングポイントになる予感。

どうなるかは未知だけど、

出来る限り現場には足を運んでいく所存です!

 

こんな私ですが、

来年も仲良くして貰えると嬉しい限りです。

 

みなさん、よいお年を!

JIN AKANISHIについて

 

すごく今更なのだが、

仁くんのLIVE in 幕張について書こうと思う。

 

Jr.やKAT-TUNとして活躍してる頃から

仁くんのパフォーマンスや歌には

一目を置いていて、

だけどどうにも好きとは認めたくない、

素直になれない自分がずっといて。

 

そんな中で自分がKAT-TUN担として

6人時代のKAT-TUNを改めて見た時に、

仁くんってやっぱり才能に溢れてるなって、

今の彼はどんななんだろうって、

とても興味が湧いて。

その時にたまたま幕張で

仁くんのLIVEがあると知り、

友達に連れて行って貰えることになり、

参加してきました!

 

ジャニーズみたいな豪華なセットはない。

だけど、そのシンプルな中に

赤西仁の才能が、センスが凝縮されている

そんなステージだった。

 

レーザーやダンサーさんの使い方、

流石だなって思った。

そして彼の歌声は胸に響く。

スタトロでの登場にはちょっと昔の記憶が

蘇ってくる感覚に陥ったり。

自分の語彙力じゃうまく伝えきれないのが辛いが、何より楽しそうにしている姿を見れて、

こっちのテンションも最高潮になった!

(まさかのJINTAKAも見れたし)

 

KAT-TUNとして存在して欲しかったという

感情を抱いた時もあった。

だけど、彼はジャニーズという箱に収まる

には勿体無い存在なのだと、

今回のLIVEに参加して思い知らされた。

彼は自由に、楽しく歌うことによって、

己の才能を存分に発揮出来るのだと感じた。

 

今のKAT-TUN3人とは別々の道に進むことには

なったけど、これで良かったんだと、

やっと受け入れることが出来た気がする。

 

仁くんがもっと大きな会場で活躍する姿を

見てみたいなって思うし、

もっともっと今の仁くんをみんなに知って

貰いたい!

こんなにも才能に溢れた人が世の中に埋もれて

いるなんて勿体無さすぎる!

 

KAT-TUNだった頃と変わらずに、

相変わらず抜けた部分(所謂バカ西w)も

感じることが出来てホッとしたりもしたな。

 

 

来年はもっと大きな会場で

仁くんのパフォーマンスを見たいから、

彼には頑張って貰いたい!

これからも応援していきます。

 

そしてそして、年明けに今度は

INKTにも会いにいくことになっているので。

そこではどんなことを想うのか、

今から楽しみなのです。

 

 

KAT-TUN沼(上田沼)に堕ちるまでの軌跡

V6の岡田准一

嵐の櫻井翔

関ジャニ∞錦戸亮

 

この3人が、長年私のヲタ人生の基盤となっていた。(途中やまぴー挟んだりしてるけど)

 

他のグループにも興味はあって、コンサートや舞台に行くことはあっても、彼らを越える存在はいないし、これからもそれは変わらないと思っていた。

 

そんな中で嵐とエイトに対しての自分の気持ちに区切りがついたのと同時に、突如現れた存在がKAT-TUNだった。

 

KAT-TUNはデビュー前からコンサートに行ったり、歌番組やメンバーの出演するドラマ、レギュラー番組は見ていた。

 

メンバーの誰が好き、というよりもKAT-TUNが作るコンサートが好きだった。

楽曲やパフォーマンスが好きだった。

ただ、3グループ(途中まで4グループ)を追っていた私にKAT-TUNまではキャパオーバーだったこともあり、デビューしてからはタイミングも合わず、KAT-TUNコンには中々行けずにいた。だが、久しぶりに入ったquarterコンで半分沼に嵌まってしまったのだ…。

 

沼に嵌まりかけの私は友達にDVDを見せて貰ったり、曲を聴いたり。

やっぱりKAT-TUN良いなーって思っていた矢先の田口くん脱退。

会社の帰り道、ワンセグで見ていたベストアーティスト。

電波悪い中でそこの部分だけがなぜか鮮明に確認出来たこと、二度と忘れないと思う。

 

それから決まった10ks。

当初は友達に誘って貰った名古屋公演だけ入るつもりだった。

だが、名古屋公演が終わった時にはもう完全にKAT-TUN沼に、そして上田沼に嵌っており、気付いたら東京公演のチケットを手に入れていた。

 

公演中の上田くんの客席を眺める姿に釘付けになり、気付いたら上田くんばかり目で追っている自分がいた。

会場全体が優しい空気に包まれ、愛に溢れていた。

私もhyphenとしてこれから先この3人について行きたいと、そして上田くんを支えていきたいと、直感でそう思ってしまった。

 

 

私の周りには古くからのhyphenさんが多く、私なんかが急にhyphenなります!って言って良いものなのかと悩んだ。

だけど、私の友達はみんな優しく受け入れてくれてホッとした。

それが本当に嬉しかったし、hyphenを名乗るからには行動しなければ!と思った。 

 

そこからの自分の行動力には本当我ながら尊敬する(友達には心配されたww)

約1ヶ月程でDVDや初回盤のCDはほぼ揃え、時間があればひたすらDVDを見ていた。

今までにも見たことのあるものも多かったが、これまでとは全く違うものに見えた。

もっともっとKAT-TUNのことを知りたいと思った。

もっともっと新しいKAT-TUNを見たいと思った。

 

私のことをよく知る友人なら分かると思うが、嵌ったらとことんな性格なもんで、今私が一番に気持ちを注ぎたいのはKAT-TUNであり、上田竜也である。

 

だからと言って、岡田くんを好きじゃなくなった訳ではないから、これからも変わらず応援していくし、私の原点はV6であり、岡田准一です。

 

岡田くんと上田くんには通ずるものがあると思っていて。

仕事への向き合い方や、後輩に対する想い。

言葉で伝えるよりも自分が行動することによって相手に学ばせるところとか。

結果、自分は相当ストイックな人間が好きなんだなって思い知らされた今日この頃…。

 

 

KAT-TUNをきっかけに新しい素敵な出会いもあり、こんな私を受け入れてくれたみんなに今はとにかく感謝をしたい。

そして、そんなみんなと一緒にKAT-TUNの充電期間を乗り越えて、復活の日を迎えて泣き笑いたい!

 

30代になっても変わらずジャニヲタ人生まっしぐら!

何ヶ月ぶりかの更新…

初めの更新から何ヶ月ぶりだろうか…。

 

書きたいことはいっぱいあるのに、

中々行動に移せないダメな人間です(´・ω・)

 

 

今ふと書こうと思い、ぽちぽちしてます。

 

 

とりあえず私のヲタ人生を書いておこうかな、と。

 

私のジャニヲタ人生のきっかけは小学生の頃好きになったSMAPでした。

よくある姉からの影響です、えぇ。

そこからはもうジャニヲタ道まっしぐら!

 

元々テレビっ子だったために、ジャニーズの出ている番組は見ていたから、どのグループも基礎知識はあったと思う。

 

その中でSMAPよりも応援していきたいと思うようになったのはV6でした。

友達に連れて行って貰ったVコンでまんまと堕ちました、岡田准一くんに。

始まる前にはいのっちのうちわ買ってたんだけどね!

 

そして、V6やKinKiのバックについていた、嵐の櫻井翔くんが気になったが、ここはお茶の間として遠くから応援していました。

まぁ、後に掛け持ちする余裕が生まれてからはお茶の間を脱する訳だけど…。

 

ある時にNHKのドラマに出ていた山下智久くんに目を奪われ、IWGPカバチタレランチの女王などドラマは必ず見て、少クラやJr.のコンサートVHS(時代を感じる…)も買って、割と好きだった時期がありました。

 

所謂Jr.黄金期と呼ばれる時代にまんまとジャニーズの沼に嵌った訳です。

 

NEWSが結成され、コンサートに行くようになりやまぴーよりも錦戸亮くんを好きになり、自ずと関ジャニ∞も応援するようになりました。

 

今はなき、YOU&Jグループは必然的にまとめて見る機会が多く、KAT-TUNのことも好きでした。

デビュー前のコンサートにも入ってたけど、そこまで追える程の余裕はなく、デビュー後は少し離れてしまいました。

後に、自分が上田竜也くんにがっつり堕ちてしまうというのはまた別の記事で…。

 

ここまで書いても分かるように、私は事務所担と言った方が良いのかもしれない。

ただ、ただのDDではないってことは断言しておきます!

 

誰でも良い訳じゃない。

 

岡田くんも、翔くんも、亮ちゃんも、上田くんもそれぞれに好きになったきっかけがあって。

他のメンバーとは違った思い入れがある。

 

こんな私だけど共感してくれる人がいてくれたらな、と思いここに綴っておきます。

 

私にとってのジャニーズはまさに生きる糧であり、生活の一部。

きっとこれからも好きな人達が頑張る限りは、応援していきたいなと思っています。

 

ついに…

ずっと気になっていたはてなブログやらをついに始めてみた!

ブログというもの自体もう何年ぶり?って感じだから戸惑い半端ないけど(笑)

まぁ、独り言のようにつらつらと好きなものについて語っていこうと思う(ゝω・)