読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE&LIFE

好きなものを好きなだけ楽しむ日々

JIN AKANISHIについて

 

すごく今更なのだが、

仁くんのLIVE in 幕張について書こうと思う。

 

Jr.やKAT-TUNとして活躍してる頃から

仁くんのパフォーマンスや歌には

一目を置いていて、

だけどどうにも好きとは認めたくない、

素直になれない自分がずっといて。

 

そんな中で自分がKAT-TUN担として

6人時代のKAT-TUNを改めて見た時に、

仁くんってやっぱり才能に溢れてるなって、

今の彼はどんななんだろうって、

とても興味が湧いて。

その時にたまたま幕張で

仁くんのLIVEがあると知り、

友達に連れて行って貰えることになり、

参加してきました!

 

ジャニーズみたいな豪華なセットはない。

だけど、そのシンプルな中に

赤西仁の才能が、センスが凝縮されている

そんなステージだった。

 

レーザーやダンサーさんの使い方、

流石だなって思った。

そして彼の歌声は胸に響く。

スタトロでの登場にはちょっと昔の記憶が

蘇ってくる感覚に陥ったり。

自分の語彙力じゃうまく伝えきれないのが辛いが、何より楽しそうにしている姿を見れて、

こっちのテンションも最高潮になった!

(まさかのJINTAKAも見れたし)

 

KAT-TUNとして存在して欲しかったという

感情を抱いた時もあった。

だけど、彼はジャニーズという箱に収まる

には勿体無い存在なのだと、

今回のLIVEに参加して思い知らされた。

彼は自由に、楽しく歌うことによって、

己の才能を存分に発揮出来るのだと感じた。

 

今のKAT-TUN3人とは別々の道に進むことには

なったけど、これで良かったんだと、

やっと受け入れることが出来た気がする。

 

仁くんがもっと大きな会場で活躍する姿を

見てみたいなって思うし、

もっともっと今の仁くんをみんなに知って

貰いたい!

こんなにも才能に溢れた人が世の中に埋もれて

いるなんて勿体無さすぎる!

 

KAT-TUNだった頃と変わらずに、

相変わらず抜けた部分(所謂バカ西w)も

感じることが出来てホッとしたりもしたな。

 

 

来年はもっと大きな会場で

仁くんのパフォーマンスを見たいから、

彼には頑張って貰いたい!

これからも応援していきます。

 

そしてそして、年明けに今度は

INKTにも会いにいくことになっているので。

そこではどんなことを想うのか、

今から楽しみなのです。