描いた未来辿り着くまで

好きなものを好きなだけ楽しむ日々

KAT-TUN再始動!!

2018年1月1日

ジャニーズカウントダウンコンサートで

KAT-TUN再始動が発表されました。

 

 

正直、自分は今回のカウコン入っていないし

同じ立場のhyphenさん達が多くいる場での

発表は複雑な気持ちでいっぱいでした。

 

でも時間が経つにつれて

素直にKAT-TUN再始動という事実を

嬉しいと思えるようになってきました。

 

1年半長かったけどあっという間だったな。

 

充電期間に入ると聞いた時に、

この期間中にどれだけ個人の活動を

充実出来るかによって今後のKAT-TUN

活動は変わってくるだろうなと思っていて。

 

世間一般的にはグループ活動を休みます

っていう状況はマイナスなイメージを

持つ方が少なくともいると思っていて。

その状況をどう打破するかと思っていた。

 

中でも上田くんはみんな心配というか

不安だった部分があったと思う。

 

そんな不安も心配も彼は簡単に

跳ね除けてくれた。

 

2017年1月からの連ドラ日暮旅人への出演、

そして5月にはセカロマで舞台主演、

10月からは新宿セブンで初連ドラ主演

体育会TVではジャニーズ陸上部監督

 

充電期間も楽しいと思えた。

ついていくことに必死で時間があっという間

に過ぎていった。

 

上田くんは本当にKAT-TUNが大好きで、

自分にはKAT-TUNしかないと思っていて。

 

ジャニーズ陸上部や少プレの番協行っても

必ずKAT-TUNのこと、他のメンバーことを

最後に言葉にして伝えてくれていた。

 

そんな上田くんのためにも

早くKAT-TUNとしたの活動を再開して欲しいと

この一年半ずっと待ち望んでいた。

 

ファンができることなんて限られてるけど、

それでもみんなの行動が今回の再始動の

足枷に少しでもなっていたら嬉しいな、

なんて思ったり。

 

でもどこかで3人の言動を見て、聞いて

この3人なら大丈夫だと、

安心しながらこの充電期間を過ごせていた

ような気もする。

 

各個人の歌活動の時には

必ず10ksのイヤモニをつけてること

再始動の時もそうだった。

それは個人の活動でもKAT-TUNとしてを

忘れてないよと、私達に伝えてくれている

そんな気がして毎回泣いていた。

きっと3人も話を合わせていた訳ではなくて、

自然とそうしてたんじゃないかなって

それがまたこの3人の安定した信頼感に

繋がるんだろうな。

 

 

東京ドームにまたKAT-TUNが戻ってきてくれる。

そのことが本当に嬉しい。

今から楽しみでしかない!!!

 

きっと泣いちゃうと思うけど、

上田くんは笑顔を見たいと言っていたから、

笑顔で東京ドームでみんなと再会しよう!

 

あのKAT-TUNの世界観をまた新しく見せて

くれるんだと思うとワクワクする。

 

 

この充電期間KAT-TUNとhyphenともに

全力で駆け抜けた1年半でしたね。

 

これからまた新しい歴史をともに築こう。

 

誰も歩いたことのない道を歩こう。